横浜市中区曙町「中華料理 一番 本店」の「にらレバー炒め」650円と「ライス 中」200円

中華一番本店にらレバー炒めとライス中

 

横浜の「関内」というと、関内駅より海側のオフィス街を指すのだと思っている。歴史的には幕末に伊勢佐木モールと馬車道の間の吉田橋に関門があったわけで、その関門の内側の外国人居留区のこと。なので、伊勢佐木町や長者町あたりをまとめて指す言葉は「関外」だと、個人的には思っている。

その関外エリアでは有名な24時間営業飲食店グループ「一番」の本店が、曙町の「中華料理 一番 本店」だ。もはや中華料理というより町の定食屋を名乗ればいいじゃんという感じ。「にらレバー炒めを定食で」頼んで、一緒に出てきたのが中華スープじゃなくて味噌汁だったし。

にらレバー炒めは、ニラがたっぷり!ニラに重点を置きたい時はこの店で決まりです。ご飯も及第点。さすがの安定感、というのが正しいかな。

広告

DORO について

アルビレックス新潟とハードSFとメジャーなキャラクターじゃないぬいぐるみが好き。破れたハートを売り物にして生きてます。「つまらぬ、とるにたらぬやさしさから、自分の得たものをひとにゆずり、結局ふと気づいてみれば、ひとの世話だけやくものになっている、そんなばかなやつ(by 斎藤惇夫)」です。
カテゴリー: 今日のレバニラ炒め定食 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中