「東京ドームn個分」に物申す

 NHKのニュースなどで、新しくできたショッピングセンターや、森林などの面積を表現するのに、「東京ドームn個分の広さ」っていう表現を使うじゃないですか。
 あれ、やめませんか?

 おそらく、日本中の人がTVでプロ野球の巨人戦を見ていた頃は、「後楽園球場n個分」で、大抵の日本人はどのくらいの広さかわかったんだろう。その歴史的経緯から「東京ドームn個分」を使うんだと思うんだけど、俺は東京ドームの実物を見たことが無いし、中に入ったことも無い。だから、「東京ドームn個分」では、どのくらい広いのかわからない。
 しかも、「東京ドーム」は企業だ。民放ならいざ知らず、NHKが企業名を放送でばんばん引き合いに出すのは良くないだろう。

 代案を提案する。
 「国立競技場n個分」にしよう。

 まず、国立霞ヶ丘競技場は私企業ではない。
 また、昭和39年の東京オリンピック用に作ったのだから、もう45年も存在している。行ったことのある人は多いだろう。
 しかも、俺が実物を見たことはもちろん、中に入ったことも少なくとも10回はある(笑)

 さあ、広さの表現は、「国立競技場n個分」にしよう!

広告

DORO について

アルビレックス新潟とハードSFとメジャーなキャラクターじゃないぬいぐるみが好き。破れたハートを売り物にして生きてます。「つまらぬ、とるにたらぬやさしさから、自分の得たものをひとにゆずり、結局ふと気づいてみれば、ひとの世話だけやくものになっている、そんなばかなやつ(by 斎藤惇夫)」です。
カテゴリー: 日々のあれこれ パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中