織田哲郎の歌とサポーターのあり方の共通点

んー。
装甲騎兵ボトムズ ペールゼンファイルズ 劇場版」を見た。
エンディングでTETSUこと織田哲郎が歌う「炎のさだめ」(<-YouTube上の旧バージョン、音が出るので注意)の新録音バージョンが聴けて感涙。

織田哲郎といえば、欠かせない曲が「愛を語るより口づけをかわそう」だ。
作曲者としてのセルフカバーアルバム「Songs」が素晴らしい。

でだ。
愛を語るより口づけをかわそう
これをサポーター的に言い換えるとこうなるんじゃないか?
「ブログで感想を書くより、スタジアムで声を出そう」

とまあ、諸般の事情によりここ数年シーズンパスを買っていない自分自身を省みてみましたとさ。
健康第一。
「元気があれば何でもできる」ってのは本当だねぇ。

広告

DORO について

アルビレックス新潟とハードSFとメジャーなキャラクターじゃないぬいぐるみが好き。破れたハートを売り物にして生きてます。「つまらぬ、とるにたらぬやさしさから、自分の得たものをひとにゆずり、結局ふと気づいてみれば、ひとの世話だけやくものになっている、そんなばかなやつ(by 斎藤惇夫)」です。
カテゴリー: アルビレックス新潟関連 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中