裸婦

ここんとこ軍事関係の本を多く読んでいた反動か、急に近代西洋絵画系の「裸婦画」が欲しくなった。
(もうとっくに、グラビア誌のピンナップを壁に貼る歳じゃ、ないしね。)
リトグラフとかで充分なんだが、それ以前にどんなのが欲しいのか自分でも具体的にわかってないので、とりあえず大きい書店に行って「美術」のコーナーを物色して、ルノワールの解説本を買ってきた。
http://www.heibonsha.co.jp/catalogue/exec/browse.cgi?code=945013

「猫を抱く少女」の猫がかわいいぞ。
http://worldmasterpieces.jp/SHOP/JMwC.html

久しぶりに美術館でも行ってみるか。

広告

DORO について

アルビレックス新潟とハードSFとメジャーなキャラクターじゃないぬいぐるみが好き。破れたハートを売り物にして生きてます。「つまらぬ、とるにたらぬやさしさから、自分の得たものをひとにゆずり、結局ふと気づいてみれば、ひとの世話だけやくものになっている、そんなばかなやつ(by 斎藤惇夫)」です。
カテゴリー: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中