38豪雪、新潟地震と陸上自衛隊の鉄道部隊

Jリーグ秋春開催案に反対する論理的根拠の材料をインターネット上で探しているときに、気になるタイトルの本を見つけた。
衝動的に有隣堂本店に行って購入した。
昭和35年から昭和41年までの間に千葉の津田沼に存在した、有事に国鉄に代わって鉄道を運行するための部隊だそうだ。
で、この部隊が、昭和38年の「38豪雪」と翌年の「新潟地震」で新潟県内に出動している。
長岡駅構内の雪を人手で除雪している写真、雪を積んだ無蓋貨車の上に自衛隊員が鈴なりに乗っている写真、信濃川にかかる鉄橋の上で無蓋貨車から人手で捨ててる写真が凄い。
昭和38年ってことは、戦後18年だから、1963年、つまり今から45年前の事だけど、俺の故郷を助けてくれた人たちに改めて感謝したい。
 
広告

DORO について

アルビレックス新潟とハードSFとメジャーなキャラクターじゃないぬいぐるみが好き。破れたハートを売り物にして生きてます。「つまらぬ、とるにたらぬやさしさから、自分の得たものをひとにゆずり、結局ふと気づいてみれば、ひとの世話だけやくものになっている、そんなばかなやつ(by 斎藤惇夫)」です。
カテゴリー: 軍事史 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中