野田昌宏氏死去

A.C.クラーク、今日泊亜蘭に続き、野田昌宏が死去。
「キャプテン・フューチャーの翻訳者」というより「ひらけ!ポンキッキの日本テレワークの社長」と言った方が一般への判りは良いだろう。
ぶっちゃけ、福島正実派(SFは科学であるべき)の俺としては、スペースオペラ派(面白ければ荒唐無稽でもいい)の筆頭である野田昌宏の訳書や著書は大して印象深いものではないのだが、野田訳のジュブナイル版「地底世界ペルシダー」(原文にないストーリーをガンガン追加している酷い訳ではあったが)からSFに入ったという俺歴史がある以上、俺にとって欠かすことのできない人だったといえるだろう。
合掌。
 
広告

DORO について

アルビレックス新潟とハードSFとメジャーなキャラクターじゃないぬいぐるみが好き。破れたハートを売り物にして生きてます。「つまらぬ、とるにたらぬやさしさから、自分の得たものをひとにゆずり、結局ふと気づいてみれば、ひとの世話だけやくものになっている、そんなばかなやつ(by 斎藤惇夫)」です。
カテゴリー: SF パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中