鳥増(鶯谷)

店名:田舎料理 鳥増
住所:東京都台東区根岸3-3-1
電話:03-3874-3318
URL :http://www.viva-ugu.com/bar/bar.shtml/br0001 (VIVA!うぐいす)
営業時間:18:00~24:00
定休日:日曜日

2006年10月7日の「アド街ック天国」でチラッと出たのを見逃さず、いつか行こうと思っていた店。
http://www.tv-tokyo.co.jp/adomachi/061007/30.html

鶯谷駅から徒歩5分弱。
外観はまさかのプレハブ1棟。
中はカウンターのみ11席。
地元のおじさま方で席がかなり埋まっていたところを詰めて頂けて無事着席。
店主は松之山出身の自称70歳のちょっと顔が怖めのオヤジさんだが、一緒に行ったk氏が亀田の、俺が三条の出身だと言うと、ニコニコ顔で迎えてくれた。
お酒は八海山。
車麩を甘塩っぱく煮たやつ、ゼンマイ、フキノトウ酢味噌和えの春の苦味。
これだよこれ、俺が求めていた新潟の味は。
たまらず「ご飯ありますか?」とリクエストすると、「明日日曜日で休み(定休日)なんで、ご飯炊かなかったんだよーごめんなー」。ああ、惜しい。
メニューは季節によって変わるそうです。のっぺは秋が深まったらあるそうです。
子供の頃に親に連れられて山菜やキノコを取りに入った見附や加茂の里山を思い出して感涙モノの、新潟度がかなり高いお店。これも近所に住んでたら毎日行くレベルの名店。真っ当にお勧め。

地図はMSNの地図サービスを使って貼り付けてみます。お試し。

「鳥増(鶯谷)地図」

鳥増外観1鳥増外のお品書き鳥増ゼンマイと車麩鳥増店内

広告

DORO について

アルビレックス新潟とハードSFとメジャーなキャラクターじゃないぬいぐるみが好き。破れたハートを売り物にして生きてます。「つまらぬ、とるにたらぬやさしさから、自分の得たものをひとにゆずり、結局ふと気づいてみれば、ひとの世話だけやくものになっている、そんなばかなやつ(by 斎藤惇夫)」です。
カテゴリー: 東京で食べる新潟 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中