京都戦に向けて

2000年4月19日
水曜の夜、雨の西京極。

トーナメント戦1回戦、ホーム&アウェイの1試合目を0-1で落とした後のアウェイの2戦目。
一人少ない京都相手に、式田の奇跡のようなミドルシュートで1点を返すのが精一杯だった。
あの試合を忘れたことは無い。

2001年5月19日
清五郎の杮落としに舞った紙吹雪。
記念すべきファーストゴールは俺達の元日本代表・黒崎久志。
延長119分のPK判定と敗北。
あの試合を忘れたことは無い。

2001年11月3日
J1昇格を信じて戦い、勝利目前の後半88分、野澤の痛恨のミスで同点、延長102分の逆転負け。
だが誰一人として野澤を非難するものはいなかった。
あの試合を忘れたことは無い。

そしてまた、京都戦がやってくる。
明日こそ、この8年分の思いを全て叩きつけて、絶対に勝つ。
今度こそ、勝ってやる。

広告

DORO について

アルビレックス新潟とハードSFとメジャーなキャラクターじゃないぬいぐるみが好き。破れたハートを売り物にして生きてます。「つまらぬ、とるにたらぬやさしさから、自分の得たものをひとにゆずり、結局ふと気づいてみれば、ひとの世話だけやくものになっている、そんなばかなやつ(by 斎藤惇夫)」です。
カテゴリー: アルビレックス新潟関連 パーマリンク

京都戦に向けて への3件のフィードバック

  1. “t” より:

    残念ながら、僕は3つめの試合しか観ていません。しかし、あれこそが、僕がアルビにはまったきっかけでした。
     
    今まで勝ち逃げされてますからね。今度こそは。

  2. DORO より:

    京都戦終了後に書いてます。
     
    >"t"さん
    前回京都が1年だけJ1にいた年に2試合とも勝てなかったときは、「俺たちこれまでなにをやってきてたんだよ(何も積み上げてきてなかったのかよ)」という悔しさでいっぱいでした。
    今回の勝利で、とりあえず1つクリアしたという感覚です。
     
    「借りを返す」という意味では、まだ「西京極で勝つ」という課題をクリアしていないので、何とかしたいです。
    西京極での試合は、8月23日(土)か24日(日)ですね。夏だからナイトゲームでしょう。
    屋根無しスタジアムでの雨の試合はつらいものがあるのですが、2000年、2001年の西京極での試合が雨だったこともあり、是非、雨を期待したいところです。
    京都は案外、銭湯が多いので、雨でも大丈夫でしょう(今でも京都タワーの地下にあるかな?)。
     

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中