「東京で食べる新潟」カテゴリ解説

ええっと。
「東京で食べる新潟」シリーズは、この1年くらいの間にネットで探したお店を、思いつくままに飲みに行った事を持ちネタにしています。
キーワード「グルメ」「居酒屋」「郷土料理」に「新潟」「越後」「じょんのび」「へぎそば」「なじら(ね)」なんぞをAND検索すると、けっこうヒットします。
 
ただ、当然ネット上に情報の無いお店もあるわけで、そういうのは、「どこそこに明らかに新潟な名前の店があった」という情報を頂けるとありがたいです。
新潟の人から見ると、東京のみならず、神奈川、千葉、埼玉も「東京」なので、その辺を狙って、アルビレックス新潟の応援と、仕事と、俺の体力を考えて、行ける範囲で行こうと思っています。
 
冷や汁系でない、カタクリ・コッテリ系の「のっぺ」を食べさせてくれる店を探して、俺の探索は続きます。
中野「雪椿」のつけ菜煮(ウチの実家では「煮菜」と呼んでいた)では、うれしくて本当に泣きそうになったし、御徒町「朱鷺」のボウ鱈煮、シャケ昆布巻もいい。
秋に菊(花のおひたし、葉の天ぷら)が食べさせてもらえる店があれば...
 
広告

DORO について

アルビレックス新潟とハードSFとメジャーなキャラクターじゃないぬいぐるみが好き。破れたハートを売り物にして生きてます。「つまらぬ、とるにたらぬやさしさから、自分の得たものをひとにゆずり、結局ふと気づいてみれば、ひとの世話だけやくものになっている、そんなばかなやつ(by 斎藤惇夫)」です。
カテゴリー: 東京で食べる新潟 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中