京都戦雑感

6年ぶりに訪れた西京極は、快晴で、大勢の新潟サポーターが集まっていた。

前回来たのは2000年のナビスコカップ。
大雨の中、ほんの数人で応援し、式田のミドルシュートで一太刀浴びせるものの、敗戦。
京都駅前で北村や牛乳屋(それともう一人は確か「えべさん」といったかなぁ)
と初めて飲み会をした、思い出の地だ。

スタメン発表を携帯電話で確認する。
ありえない文字を見た。
「第一副審・高橋佳久」
2001年ビッグスワン杮落とし京都戦で、俺達をPKでの延長Vゴール負けに叩き込んだ、京都出身の審判を、5年ぶりの京都-新潟戦に割り当ててくるJリーグの神経が、俺には許せない。

とはいえ、あの劇的な幕切れが、その後の集客につながったようにも思われるので、今となっては、もはや「罪を憎んで人を憎まず」でいいのかもしれない。

試合結果については、10人になってからアウェイで追いついたのだから、良しとするべきだと思う。

広告

DORO について

アルビレックス新潟とハードSFとメジャーなキャラクターじゃないぬいぐるみが好き。破れたハートを売り物にして生きてます。「つまらぬ、とるにたらぬやさしさから、自分の得たものをひとにゆずり、結局ふと気づいてみれば、ひとの世話だけやくものになっている、そんなばかなやつ(by 斎藤惇夫)」です。
カテゴリー: アルビレックス新潟関連 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中