勝つためのゴール裏

 アルビレックス新潟を、プロのサッカーを見始めて、あっという間に8年目である。
 だが、プレー経験が無い俺は、まだ、サッカーの本当の姿を、つかめていない気がしてならない。
 もっと、試合を、サッカーを、選手のプレイを、理解したい。
 スペースを生み出すオフ・ザ・ボールの動きや、周りの上がりを待つ前線でのキープや、ボランチやCBのポジショニングやカバーリング、セットプレイの狙い、そして監督の采配を。

 選手がしたプレーの意味や難易度がわかるなら、好プレーに、歓声は自然にあがるはず。
 監督が出した選手交代やフォーメーションの変更の意図が分かれば、観戦はもっと楽しくなるはずだ。

 選手が行う一つ一つのプレーは、観客に向けての、意図を込めたパスだ。
 俺たちサポーターは、その意図を汲み取って、ゴールへの、あるいはディフェンス(ボール奪取)の、イメージを共有しなきゃいけない。
 そうしなきゃ、勝利につながる応援・コールなんてできやしない。
 例えば、選手が「どうよ今の俺のプレー絶妙でしょ」と思ったまさにそのタイミングで、その選手の名前のコールがでるようでなきゃ。

俺は、そのために、ゴール裏に行く。

参考文献(^-^)
「ファンタジスタ(1~25(完))」草場道輝
http://skygarden.shogakukan.co.jp/skygarden/owa/solrenew_detail?isbn=4091260012

広告

DORO について

アルビレックス新潟とハードSFとメジャーなキャラクターじゃないぬいぐるみが好き。破れたハートを売り物にして生きてます。「つまらぬ、とるにたらぬやさしさから、自分の得たものをひとにゆずり、結局ふと気づいてみれば、ひとの世話だけやくものになっている、そんなばかなやつ(by 斎藤惇夫)」です。
カテゴリー: アルビレックス新潟関連 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中