山口素弘、横浜FCへレンタル移籍

何を語ればいいのか。
山口への感謝は、言葉で語りつくせるものではない。
だが、俺が山口を1人の優秀な選手としてしか見ていなかったことも確かだ。
彼は、新潟に来たときに、既に「元日本代表」「ワールドカップ出場」という、地位も名声も手に入れていた。「アルビレックス新潟の選手」である前に既に、サッカー好きなら誰もが知っている「山口素弘」であった。
いわば、「英雄降臨」だ。黒崎もそうだった。

俺が思い入れるのは「アルビレックス新潟と共に育った」選手だ。
新潟出身の選手はもとより、ルーキーでアルビレックス新潟に加入した選手や、よそで戦力外になって新潟で成長した選手が、好きだ。
例えば、2004年に、フリーキックの場面で、慎吾(左)と寺川(右)がボールに並んだときには、2001年以来のその光景に感動した。
日本平で清水に勝った試合で、終了時にピッチに立っていたメンバーの約半数が、反町以前から新潟にいた選手だったときもだ。2000年に「この選手で、このチームでJ1に行く。」と信じた自分に心が震えた。
彼らみんなが、アルビレックス新潟を、作ってきた。
俺にとって、山口素弘、彼だけが特別な選手、というわけではない。

1人の選手に思い入れるのは、木澤が移籍したときにやめたんだ。

広告

DORO について

アルビレックス新潟とハードSFとメジャーなキャラクターじゃないぬいぐるみが好き。破れたハートを売り物にして生きてます。「つまらぬ、とるにたらぬやさしさから、自分の得たものをひとにゆずり、結局ふと気づいてみれば、ひとの世話だけやくものになっている、そんなばかなやつ(by 斎藤惇夫)」です。
カテゴリー: アルビレックス新潟関連 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中